妊活の人は食事の後のコーヒー(カフェイン)はNG?

・妊活中にカフェインは控えるべき?

食事の後や、リラックスタイムにコーヒーを飲む習慣があるという人も多いと思います。これから妊活するという人でコーヒーが好きだという人だと妊活中はコーヒーにはカフェインが含まれているし控えた方がいいのだろうかと考える人もいると思います。

カフェインと妊娠に関していろいろな情報が出回っていますが、普段からコーヒーを飲んでいる人が妊活中もそのまま飲み続けて妊娠することができた人もたくさんいます。基本的には1日に1、2杯コーヒーを飲むくらいであれば気にする必要はないと言えるでしょう。

ただし、海外ではコーヒーを毎日大量に飲んでいると妊娠率が下がってしまうというデータもあるようなので、毎日何杯も飲んでいるという人は飲む量を減らすか、ノンカフェインのものに変えた方がいいかもしれませんね。

カフェインの摂りすぎに注意するのであれば、コーヒー以外にも玉露、ほうじ茶、ウーロン茶などにもカフェインが含まれているので、食事中にそういった飲み物を普段飲んでいるという人はカフェインが入っていない麦茶を飲むようにすると良いでしょう。

ただ、先ほども紹介したように普通に摂取する程度であれば妊娠に悪影響を及ぼすことは考えにくいので必要以上に気にしすぎる必要はないでしょう。

・カフェインよりも糖質に注意

カフェインを摂らないように、コーヒーの代わりに他の飲み物を飲もうとするのは悪くないと思いますが、糖質が含まれているジュースを飲みすぎるのはよくありません。むしろカフェインよりも糖質の摂りすぎを気にした方がいいでしょう。

糖質の摂りすぎは血糖値を急激に上げてしまい健康にもよくありませんし、肥満の原因になってしまいます。肥満は排卵がしにくくなったり、妊娠しにくくなる原因になってしまうので、そういった意味でも糖質の摂りすぎには注意するべきです。

・基本は普段の食事

ここまで、カフェインや糖質について紹介してきましたが、妊活の身体づくりの基本となるのはやはり普段の食事です。普段の食事に気を配ってバランス良く栄養を摂取することができていれば、カフェインや糖質は必要以上に心配することはないと思います。(もちろん摂りすぎには注意しなければいけませんが)

カフェインや糖質を全くとらないようにしようとして、飲みたいものを我慢してしまうとストレスになって、そのストレスが不妊の原因になってしまう可能性もあるので、過敏になりすぎないようにしましょう。

食べるなキケン!妊活中の人が避けるべき食事とは