子供がほしい人必見!妊活中の食事と運動について

・バランスのとれた食事と適度な運動が基本

これから妊活をするという人は、バランスのとれた食事と適度な運動を行なっていくことが基本になります。口で言うのは簡単ですが、継続して実践していくのは簡単なことではありませんよね。

そもそもバランスのとれた食事とはどういったものか、適度な運動とはどういった運動を行なっていけば良いのかよく分からないという人も多いと思います。そこで、妊活中の食事や運動についていろいろと紹介したいと思います。

・妊活中の食事について

妊活中の食事についてですが、妊娠しやすい身体をつくっていくために必要な栄養素をしっかりと摂っていく必要があります。だからといって、食べ過ぎて太りすぎてしまうと妊娠しにくくなってしまう原因になってしまいます。なので、妊活中は食べ過ぎに注意しながら食事の質にこだわって栄養価の高い食べ物をバランス良く食べることが大切になります。

特に妊活に必要とされている葉酸(ほうれん草やブロッコリーなど)、鉄分(牛、豚、鶏のレバーやパセリなど)カルシウム(煮干しや干しえび、ひじきなど)は不足しがちなので意識して食事のレパートリーを考えましょう。また、食事でなかなか摂取できない栄養素はサプリメントで補うのもいいですね。

・妊活中の運動について

妊活中に運動を行なうのもおすすめです。体型維持という意味合いもありますが、血流を良くして冷えを改善したり、食事で摂取した栄養を身体の隅々まで行き渡りやすくする効果も期待できます。

また身体を動かすとスッキリしますし、気持ちも前向きになるのでストレス解消にもつながります。ストレスは不妊の原因にもなるので、運動でストレスも解消してしまいましょう。

妊活中の運動でおすすめなのが、
・ウォーキング
・ヨガ
・水泳
などです。

ウォーキングはすぐにでも実践できると思いますし、普段自転車や車を使っているところを歩いてみるなど工夫すると良いでしょう。1日30分くらいでいいので、運動が苦手の人でも無理なくできると思います。

またヨガも自宅のチョットしたスペースで手軽に行えますしおすすめです。特に妊活中の女性は骨盤体操を中心としたメニューを中心にやってみると良いでしょう。

さらに、プールに通う余裕のある人は水泳もすごくおすすめです。特に平泳ぎの足の動きは、普段なかなか鍛えることができない太ももや股関節周辺の内側の筋肉を鍛えることができるので、すごくおすすめですよ。

『抗酸化』が成功のカギ!妊活中は食事で卵の質を高めよう