妊活中の人が着床しやすい食事ってあるの?

・着床しやすい食事とは?

妊活を頑張っていくという人は食事も気をつけて妊娠しやすい身体をつくっていく必要があります。

妊活中の人は着床しやすい食事を意識していくと良いでしょう。着床しやすい食事とは、子宮内膜を温かいフカフカのベッドのような状態にして受精卵を着床しやすくするために必要な栄養を多く含んだ食事ということです。

知っている人も多いと思いますが、受精卵は子宮内膜があたたかくて厚み(10ミリ以上が理想と言われています)があった方が着床する確率がたくさんあります。子宮内膜を温かいフカフカのベッドのような環境にするためにはどうしたらいいのかというと

「代謝を上げて身体をあたためること」
「血液をサラサラにする」

ということが必要になります。なので、着床しやすい食事というのは

「代謝を上げて身体があたたまる食事」
「血液をサラサラにする食事」

ということになります。

・着床しやすい食事について

代謝を上げて身体をあたためる食事や血液をサラサラにするような食事をとることが妊活中の人におすすめであることを紹介したので、具体的にどういった食材を摂っていけばよいのかも紹介したいと思います。

代謝を上げて身体をあたためる食材は、根菜類に多く含まれています。ショウガ、ニンニク、玉ねぎ、長ネギ、ごぼうなどは身体をあたためてくれるので、積極的に食事にとり入れることをおすすめします。

また、血液サラサラにする働きを期待できる食材としておすすめなのがアジやイワシなどの青魚です。青魚には血液をサラサラにする働きをもったDHA、EPAという成分が豊富に含まれているので、青魚も積極的に食事に取り入れていきましょう。

・着床しやすい体つくりをしよう

着床しやすい環境をつくる方法は食事だけではありません。

食事で身体があたたまる食材を摂るだけではなく、部屋の温度管理やあたたかい格好をしたり、ゆっくりと湯船に浸かるなどして日頃から身体を冷やさない習慣をつけることでも着床しやすい環境をつくっていくことができます。

また、適度な運動を行うことで代謝をあげて血液をサラサラにしていくことができます。特に、最近運動不足だなという人は運動を取り入れてみましょう。

スポーツが苦手だという人は運動しなければと気負ってしまいがちですが、あまり気負ってしまうと続かないので近所をブラブラ散歩するというように軽く身体を動かすだけでもいいので気軽に始めてみると良いでしょう。

【一押しサプリはこれ!】妊活中はサプリメント『マカナ』で食事のサポートを!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする