妊活中の生理後の食事は重要!気をつけるべきポイントとは

・生理後の妊娠しやすい時期とは

妊娠するためには生理後の妊娠しやすい時期を知ることが重要です。妊活といっても性行為をたくさん行なっていればそのうち妊娠することが出来るだろうと思っている人もいるかもしれませんが、その時期を把握しないまま妊活していてもそう簡単にできるものではありません。

排卵は月に一度しか行われませんし、卵子も1日くらいしか寿命がありません。よって生理周期のなかで妊娠できる時期というのは限られてくるので、その限られた時期を把握することで妊娠する確率を大きく上げることができるようになるのです。

妊娠できる時期を知るためには排卵日が生理後の何日目なのかを把握することが大切になります。それが分かればその前に精子が子宮にいるようにすればいいので、排卵日の1日前、2日前くらいに性行為を行えば妊娠する確率を上げることができます。

生理周期や生理が続く日数などは個人差があるので、排卵日が生理後の何日目かというのも人によって異なってきますが、生理周期が安定している人は自分の排卵日のタイミングをある程度把握することができます。

しかし、生理周期が安定していない人は、排卵日のタイミングも安定しないので把握することができませんし、計画的に妊活していくこともできなくなってしまうので、まずは生理周期を整えることが大切になってきます。

・生理周期を安定させるためにストレス解消や食事も重要

生理周期が乱れる原因はいろいろ考えられますが、ストレスと食事も大きな関わりがあります。

ストレスが溜まってしまうとホルモンバランスが乱れてしまい、排卵日がずれてしまう原因となります。また、排卵日がずれるどころか排卵自体が行われなくことだってあります。

仕事や人間関係、そして妊活自体でストレスを抱えてしまう人も多いと思いますが、趣味の時間やリラックスする時間を増やして上手にストレス解消していくことが大切になります。

また、栄養のバランスの摂れた食事を摂っていないことで生理周期が乱れる原因となることもあります。

好きなものばかり食べていたり、無理なダイエットで必要な栄養を摂っていないという人は食生活を見直して、栄養のバランスを考えた食事を摂っていくことが大切になります。

また身体を温める食材、ホルモンバランスを整える食材など、妊活の人におすすめの食材もあるので、そういったものを積極的に食事に取り入れていくことも行なっていきましょう。

そのやり方間違ってます!妊活中は正しいやり方で食事制限しよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする